logo

「定時に帰る文化を創る」--IIJとL is B、働き方改革を支援する新ソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とL is Bは10月27日、長時間労働を是正し、働き方を改革するための新ソリューション、「direct Smart Working Solution」を開始すると発表した。


 同ソリューションは、L is Bの企業向けメッセンジャーサービス「direct」とチャットボット技術を活用し、「定時に帰る文化を創る」というコンセプトをもとに開発した。任意に設定した時刻に業務PCをロックする機能や、チャットボットを活用した申請・承認手続きの簡便化といった特徴がある。

 なお、仕様の異なる「ライト」と「スタンダード」の2つのプランが用意されている。

仕様と価格
仕様と価格

 政府による「働き方改革実現会議」が新設され、長時間労働の是正に関する具体策の検討が始まっている。OECD(経済協力開発機構)が2016年に出したレポートでは、日本の1人あたりの年間労働時間は、ドイツ、フランス、イギリスよりも多く、労働のあり方について議論が進められているという。

 そこで、IIJとL is Bでは、業務PCが設定された時刻になると自動的にロック(スクリーンセーバーが起動)し、業務延長の申請が承認されるとロックを解除する仕組みの開発を4月より着手していた。

 また、同ソリューションの開発にあたっては、従業員数約1万人の大手企業において試験運用を行い、必要な機能の洗い出しや操作性の向上を図った。なお、正式提供に先立ち、10月より同協力企業に同ソリューションが導入されている。

 両社によると、販売目標として初年度50社の受注を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]