「Windows 10」、ゲームのライブ配信サービス「Beam」を統合へ

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2016年10月27日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月26日、ニューヨークで開催した「Windows 10」関連のイベントで、手軽にゲームをライブ配信できるようにする構想を発表した。具体的には、「Beam」のインタラクティブなゲームストリーミングプラットフォームをWindows 10に組み込むという。

 また、「Xbox Live」の一部となる新しいサービスを利用して、ユーザーが独自のトーナメントを簡単に開催できるようにする計画も明らかにした。このサービスはトーナメントでのスコアを集計し、優勝者を選出してくれる。

 最後に、Microsoftは、「Dolby Atmos」などのビットストリームオーディオパススルーを全ての「Xbox One」コンソールに追加すると発表した。この更新プログラムは、2017年に予定されている「Windows 10 Creators Update」で提供される。


提供:Screenshot by David Carnoy/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加