サムスン、「Galaxy Note8」の発売を計画

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年10月25日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが「Galaxy Note8」の発売計画を正式に明らかにした。また、同製品と「Galaxy S8」では、一部の顧客を対象に月額料金を半額免除するアップグレードプログラムを提供するという。

 月額料金の最大50%免除は、問題の「Galaxy Note7」を「Galaxy S7」または「Galaxy S7 Edge」に交換した韓国のユーザーを対象に提供される予定だ。

 2年契約に加入し、月賦払いで12カ月分の月額料金を支払い済みのユーザーは、「Galaxy Upgrade Program」に加入することにより、所有するGalaxy S7またはGalaxy S7 Edgeを、無料でGalaxy S8またはGalaxy Note8に交換することができる。

 サムスンによると、1年未満での交換を希望する場合も、12カ月分の月額料金さえ支払えばそれが可能だ。

 同プログラムの加入者には、「Galaxy Club」交換プログラムと同様に、迅速なアフターサービスや、ディスプレイの修理費用を2回まで半額とする割引サービスが提供される。

 Galaxy Clubと異なるのは、この新しいプログラムがNote7ユーザーを対象に完全に無料で提供されるという点だ。

 同プログラムへの加入期限は11月30日で、プログラムの開始日についてはまもなく発表するとサムスンは述べた。

 現時点で、プログラムは韓国だけで提供されている。他の国でのプログラムの提供方法や時期は、国によって異なるという。

 Galaxy Note7はバッテリの爆発が多発した問題を受けてリコールされた後、10月に入って生産が終了された。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加