logo

一足早く「Apple Pay」を体験--タクシーやリアル店舗での使い勝手は

坂本純子 (編集部)2016年10月25日 05時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月25日早朝、いよいよアップルの電子決済サービス「Apple Pay」がスタートした。日本国内で発売されるNFCに対応したiPhone7/7 PlusまたはApple Watch Series 2では、待望の「Suica」対応に加え、iD/QUICPayを使った決済も利用できる。

 なお、iPhoneでApple Payを利用するには、同日午前2時から配信がスタートした「iOS 10.1」にアップデートが必要だ。アップデートすると、Walletアプリケーションからカードを登録できるようになる。

日本でも「Apple Pay」がスタート
日本でも「Apple Pay」がスタート

iPhone 7/7 Plusで決済するときのかざし方

 おサイフケータイなど、これまで日本で販売されてきたNFCに対応した端末は、「モバイル非接触IC通信マーク」が端末の中央に記されていることが多かった。そのため、端末全体をリーダにタッチすることに慣れている人もいるだろう。

 それに対し、iPhone7/7 Plusでは先端部分にNFCのアンテナが搭載されている。Suicaで改札を通るときや電子マネーで決済する場合は、iPhoneの先端をかざす必要がある。これまでおサイフケータイを使ってきた人は、リーダにかざす位置が異なることに注意したい。

NFCのアンテナは、先端部分にあるという
NFCのアンテナは、先端部分にあるという

 また、気になるのが使用中のiPhoneケースをしたまま利用できるのかどうかだ。たとえば、バッテリを内蔵した純正ケース「Smart Battery Case」のように、厚みのあるケースを使用していると心配になるが、アップルがリリースする純正ケースはすべて対応するほか、Apple Storeで販売されるケースも同様に利用できると見ていいという。

バッテリを内蔵した純正ケース「Smart Battery Case」のユーザーも問題なくApple Payで支払える。利用するときは、画面の割れを防ぐため、画面を上にしてリーダにかざそう
バッテリを内蔵した純正ケース「Smart Battery Case」のユーザーも問題なくApple Payで支払える。利用するときは、画面の割れを防ぐため、画面を上にしてリーダにかざそう

-PR-企画特集