VRを活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス--KDDIとナビタイム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとナビタイムジャパンは10月20日、KDDIが取り組む、遠く離れた心をつなぐ「SYNC PROJECT」において、国内初となるVRを活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供すると発表した。


 SYNC TRAVELは、「世界旅行を、もっと自由に。」をテーマに、VRと通信を駆使することで、日本と世界をリアルタイムでつなぐ、遠隔海外旅行サービス。

 特設会場で、専用のVRゴーグルと現地ガイドが持つ360度カメラをリアルタイムで接続。ガイドを通じて観光スポットを巡り、旅行先の人々とのコミュニケーションを楽しめるほか、見えている風景を写真で撮影したり、お土産を選んで日本で受け取ったりできる。また、VR体験後には、遠隔体験した国の飲み物が楽しめる。



 さらに、体験したVR録画映像とオリジナルデザインのVRゴーグル「ハコスコ」が後日プレゼントされる。これにより、いつでも遠隔海外旅行の思い出を360度のリアルな映像で振り返れるとしている。

 SYNC TRAVELは、10月20日より、ナビタイムジャパンの新サービス「NAVITIMEトラベル」の特設ページで応募受付を開始。11月3~4日に東京・表参道の特設会場で、英国(ロンドン)、タイ(バンコク)、オーストラリア(シドニー)とつなぐ約15分の遠隔海外旅行サービスを、28組の希望者に提供する。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加