「Galaxy Note7」のバッテリ試験は社内のみ--サムスンが認める

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2016年10月18日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが責任を追及できる相手は、自社以外にないようだ。

 サムスンは米国時間10月17日、生産終了となった「Galaxy Note7」端末について、搭載されていた危険なバッテリの試験を社内で実施していたことを認めた。

 「サムスンは2009年2月以降、北米のモバイル通信事業者の要請に沿ってCTIAの認証を受けるため、CTIA認定の社内試験施設でGalaxy Note7を含む『Galaxy』端末の試験を行ってきた」と、同社は米CNETに寄せた声明の中で述べている。

 サムスンは先週、端末の過熱および爆発の報告が数十件相次ぎ、2度のリコールに至ったことを受けて、Galaxy Note7の生産を完全に終了すると発表した。

 米国で携帯電話を販売するには、認定施設でバッテリの試験を実施しなくてはならない。The Wall Street Journal(WSJ)によると、サムスンは、試験を監督する無線通信業界団体CTIAが認定する社内試験施設をもつ唯一のスマートフォンメーカーだという。

 すなわち、サムスンは他社と違って、第三者機関でバッテリ試験を行っていないということだ。したがって、短命に終わったGalaxy Note7のバッテリ問題を発見できなかった責任は、全面的に同社にあると思われる。Galaxy Note7は、最大のライバルAppleが「iPhone 7」を発売する数週間前の8月19日にリリースされた

 サムスンの社内試験施設では、発売当初のGalaxy Note7にも交換品にも問題は見つからなかったと、同社はWSJに語っている。

 米国政府は14日、「持ち込み禁止の危険物」として、Galaxy Note7の全バージョンの航空機内への持ち込みを禁止した。この禁止命令は、それまでGalaxy Note7に課されていた使用制限を拡大したものだ。それまで機内への持ち込みは許可されていたが、機内では電源を切り、充電を控え、受託手荷物として預け入れしないよう要請されていた。

 サムスンは、Galaxy Note7の全所有者に返品を呼びかけ、米国では他のサムスン製スマートフォンと交換する顧客に100ドル相当を提供する対応措置をとっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加