logo

オーディオテクニカ、「ホームとポータブル」がテーマ秋の新製品--7年ぶりターンテーブルも

加納恵 (編集部)2016年10月15日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オーディオテクニカは10月13日、11月から順次発売になる新製品を発表した。「ポータブルとホームユース」という2つのキーワードの下、アナログレコードプレーヤー2機種、カートリッジ9機種、ヘッドホン8機種、イヤホン5機種などをラインアップする。

 アナログレコードプレーヤーは、2009年以来7年ぶりの新モデルを披露した。写真はダイレクトドライブ方式の「AT-LP5」(想定価格:5万円前後)。専用設計のVMカートリッジ「AT95EX」+アルミニウム製ヘッドシェル「AT-HS10」を搭載する。

 トーンアームは独自デザインのJ字型。USB端子を備え、レコード音源をPCに録音できる。発売は11月18日。

 オーディオテクニカは10月13日、11月から順次発売になる新製品を発表した。「ポータブルとホームユース」という2つのキーワードの下、アナログレコードプレーヤー2機種、カートリッジ9機種、ヘッドホン8機種、イヤホン5機種などをラインアップする。

 アナログレコードプレーヤーは、2009年以来7年ぶりの新モデルを披露した。写真はダイレクトドライブ方式の「AT-LP5」(想定価格:5万円前後)。専用設計のVMカートリッジ「AT95EX」+アルミニウム製ヘッドシェル「AT-HS10」を搭載する。

 トーンアームは独自デザインのJ字型。USB端子を備え、レコード音源をPCに録音できる。発売は11月18日。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]