ソニーモバイル、声とヘッドジェスチャーで操作するスマートプロダクト「Xperia Ear」

加納恵 (編集部)2016年10月06日 14時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーモバイルコミュニケーションズは10月6日、耳に装着して音声による新コミュニケーションの形を提案するスマートプロダクト「Xperia Ear(エクスペリア イヤー)XEA10」(XEA10)を発表した。発売は11月18日。想定税別価格は2万円前後になる。

「Xperia Ear XEA10」
「Xperia Ear XEA10」

 XEA10は、ケーブルレスの片耳イヤホンのようなコンパクトボディ。専用アプリをインストールした対応スマートフォンとBluetoothでワイヤレス接続することで、声またはヘッドジェスチャーによる操作ができる。

 受信したSMS、LINE、FacebookのMessengerなどのメッセージを読み上げるほか、そのまま音声での返信が可能。「○○さんに電話して」と伝えることで、発信ができ、不在着信があった場合は装着時に知らせるとともに、折り返し電話をかけることもできる。

 本機を耳に装着すると近接センサが反応し、天気予報、次の予定、最新ニュースなどの情報を音声で聞くことができるほか、Twitterのつぶやきの読み上げにも対応する。

 音声での指示に対し、ウィキペディアの検索結果を音声で聞けるほか、Googleマップと連携して目的地まで音声でのナビも可能。本機のアシスタント/通話キーの長押しに対する機能をカスタマイズすることもできる。

 本体サイズは高さ29.3mm×幅15.2mm×奥行き24.3mmで重量約6.6g。本体には65mAhの充電池を備え、約4時間の使用が可能だ。300mAhの充電ケースも付属する。

 本体には近接、加速度、ジャイロと3つのセンサを内蔵。対応OSはAndroid4.4以上になる。

  • 本体と充電器のセット

  • 本体は重量6.6gのコンパクトボディ

  • 装着時は楕円のシンプルな形

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加