Facebook、ユーザー間で売買するための「Marketplace」を発表

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年10月04日 06時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間10月3日、同社モバイルアプリの新しいセクション「Marketplace」を発表した。ユーザーは自分の家具、車、衣服を掲載して、近隣地域の任意のFacebookユーザーに販売できるようになる。Facebookには既に人気を集めている売買目的のグループがあるが、Marketplaceはこれらのグループとは異なり、ユーザーは参加する前に承認を受ける必要がない。

 Marketplaceタブは、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドの「iOS」と「Android」上のFacebookアプリの最下部に、目立つ形で表示される。他の国とデスクトップ版にも今後提供される予定だ。

 Facebookは、Marketplace上の売買から手数料を徴収したり、Marketplaceページ上に広告を表示したりすることを直ちには計画していない。この新しい取り組みから(少なくとも現時点では)直接収益を得ることはないが、FacebookはMarketplaceを、ユーザーに同サイトを使い続けようと思わせるさらなる要素として利用できるかもしれない。17億人という莫大なユーザー層の拡大にもつながる可能性がある。

 同社は売買目的のグループの活発なやり取りをヒントにMarketplaceを構築し、世界をつなぐという同社のミッションのさらなる要素としてその機能を利用したいと考えたと、Facebookの広報担当者は述べた。Facebookは3日、毎月4億5000万人を超えるユーザーがこのような売買目的のグループを訪問すると述べた。


提供:Facebook

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加