logo

アップルに3億ドルの賠償命令--VirnetXの特許侵害と裁定

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年10月03日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安全なコンピュータ通信およびモバイル通信に関する特許を侵害したとして、Appleは、特許を保有するセキュリティソフトウェア会社VirnetXに対し3億240万ドルを支払うよう命じられた。

 テキサス州タイラーの陪審は米国時間9月30日、ビデオチャットアプリケーション「FaceTime」に関連する2件の特許をAppleが侵害したと裁定した。この裁定には、「Virtual Private Network on Demand」におけるVirnetXの技術の特許侵害に対する損害賠償も含まれている。

 今回下されたのは、Appleを相手取ってVirnetXが2010年から起こしている訴訟に対する3回目の評決だ。VirnetXの収入は、インターネット上に仮想プライベートネットワーク(VPN)を構築する技術のライセンス供与によるものが大半を占めている。

 2件の訴訟が一本化された後、2月に下された判決で、AppleはVirnetXに6億2560万ドルの損害賠償を支払うよう命じられた。だが、ある米連邦裁判所判事が8月、2件の訴訟を一本化すれば陪審が混乱するのでAppleに対し公正ではないとして、この判決を覆した。この判事は、2件を別々に審理する必要があるとの裁定を下した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集