Indiegogo

iPhoneにイヤホンジャックを取り戻せ!--3.5mmジャック付きバッテリ内蔵ケース「Fuze」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの新型スマートフォン「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」は、3.5mmイヤホンジャックが廃止されてしまった。Apple純正のLightningコネクタ付きイヤホン「EarPods」や無線イヤホン「AirPods」、サードパーティ製Bluetoothイヤホン「Sound」といった対策はあるが、お気に入りの有線イヤホンを使おうとすると、不格好な変換アダプタを取り付けなければならない。


不格好な変換アダプタは使いたくない(出典:Indiegogo)

 そこで、iPhone 7とiPhone 7 Plusにイヤホンジャックを取り戻せるジャケット型バッテリ内蔵ケース「Fuze」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


イヤホンジャックを取り戻せるジャケット型バッテリ内蔵ケース(出典:Indiegogo)

 Fuzeは、底面にLightningとイヤホンのジャックが設けられたケース。今まで使っていたイヤホンを、そのままiPhone 7およびiPhone 7 Plusで使い続けられる。バッテリ残量が気になるBluetoothイヤホンや、Lightningから3.5mmジャックへ変換する邪魔なアダプタも必要ない。

 Lightningケーブルを接続すると、従来通りiPhoneの充電と同期が可能。もちろん、Lightningケーブルを接続したままイヤホンで音楽が楽しめる。


Fuzeを使わず充電しながら音楽を聴くとこんなスタイルに(出典:Indiegogo)

 さらに、Fuzeはバッテリを内蔵していて、装着したiPhoneに電力を供給する。これにより、iPhoneのバッテリ駆動時間が2倍に長くなるそうだ。

 材質は、Appleの純正バッテリ内蔵ケース「Smart Battery Case」と同じくTPUとABSを採用。傷が付きにくく、や衝撃に強いという。また、装着時の厚さはiPhoneより5mm増えるだけで、スリークなデザインを損なわないとしている。


スリークなデザインを損なわない(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は6万ドル。記事執筆時点(日本時間9月30日14時)で約3万4000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと1カ月ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加