logo

カメラ付きサングラス「Spectacles」--開発を指揮したのは、元Motorola幹部のホロウィッツ氏か

Richard Nieva (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年09月29日 13時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snap(旧称Snapchat)は先ごろ、動画撮影カメラ内蔵のスマートサングラス「Spectacles」をリリースすることを明らかにした。

 Recodeによると、まもなく発売されるこのサングラスの責任者は、モバイル業界で様々な役職を歴任してきたSteve Horowitz氏だという。

 Horowitz氏は、GoogleのOS「Android」の開発に初期から携わったソフトウェアエンジニアの1人であり、Apple時代に「Mac」を担当したこともある。Horowitz氏がSpectaclesの開発に果たした最大の貢献とはおそらく、Motorola勤務時代の実績をもたらしたことだろう。同氏はかつて、同社のエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントとして、スマートウォッチ「Moto 360」の開発に取り組んだ。

 Snapがウェアラブル分野に参入する中で、Horowitz氏の専門知識は欠かせないものになるだろう。ハードウェア事業には、デザイン、ロジスティクス、小売り販路などに関連する、ウェブサービスとはまったく異なるスキルセットが必要だ。

 同社を率いる最高経営責任者(CEO)のEvan Spiegel氏は、Horowitz氏に期待を寄せていたようだ。Horowitz氏は2015年、エンジニアリング担当バイスプレジデントとしてSnapに加わったが、同社はHorowitz氏の具体的な業務について明らかにしていなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集