logo

アップル、デロイトとの提携を発表--「iOS」機器のさらなる企業展開に向け

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年09月29日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月28日、大手コンサルティング企業Deloitte Consultingとの提携を発表した。企業における「iPhone」や「iPad」のさらなる普及を目指す。

Tim Cook and Punit Renjen, Deloitte Global CEO,
Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏と、Deloitte GlobalのCEOを務めるPunit Renjen氏。
提供:Apple

 今回の提携の一環として、Deloitteは5000人の「『iOS』スペシャリスト」から成る部門を社内に設置し、顧客企業がさまざまな業務でiPhoneやiPadを採用していくうえでの助言を提供することになる。なお、この部門はAPAC(アジア太平洋地域)とEMEA(欧州、中東、アフリカ地域)、米国に展開される。

 また、両社はDeloitteの「EnterpriseNext」という新サービスでも連携していく。このサービスをひと言で述べると、iOS機器を軸にしたモバイル戦略の立案と、カスタムビルド版iOSアプリの構築を企業に対して支援していくというものだ。

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は、「デジタル変革戦略のリーダーであるDeloitteは、iOSやiPhone、iPadを活用した仕事の進め方に真の革命を実現しようとする顧客を手助けできる、Apple(製品)に特化した戦略アドバイザーから成るチームを生み出せる理想的なパートナーだ」と述べるとともに、「iPhoneとiPadは、さまざまな場所で仕事の進め方を変革している。この提携を通じてわれわれは、Appleのエコシステムのみが提供できる素晴らしい能力を、さらに多くの企業が手にするよう支援できるようになる」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集