logo

Xiaomi、「Mi5s」「Mi5s Plus」を発表--Snapdragon 821搭載のハイエンドスマホ

Cho Mu-hyun (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年09月29日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Xiaomiが北京で、同社の次期主力スマートフォンとなる「Mi5s」と「Mi5s Plus」を発表した。

 両製品は、2016年に入ってMobile World Congressで発表された「Mi5」の後継機種で、Qualcommの「Snapdragon 821」プロセッサを搭載し、64Gバイト版と128Gバイト版が提供される。

 5.15インチサイズのMi5sは、超音波式指紋センサ、LPDDR4 RAM(3Gバイトまたは4Gバイトが選択可能)、3200mAhのバッテリ、12メガピクセルの背面カメラを装備する。


Mi5s。
提供:Xiaomi

 5.7インチサイズのMi5s Plusは、LPDDR4 RAMが4Gバイトまたは6Gバイトで選択可能。指紋センサは超音波式でないが、背面カメラは13メガピクセル、バッテリ容量は3800mAhである。


Mi5s Plus。
提供:Xiaomi

 内蔵メモリが64GバイトでRAMが3Gバイトの場合で、Mi5sの価格は1999人民元(300ドル)、Mi5s Plusは2299人民元(350ドル)から。

 Xiaomiはスマートフォン以外にも、新しいスマートTV「Mi TV S3」を発表した。55インチ型と65インチ型で提供される同製品には、「Patch Wall」パズルインターフェースと同社が呼ぶものが搭載されている。AI技術に基づくものとのことだが、Lei氏はこれについて詳しくは語らなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集