ヤマハ、「MusicCast」対応のネットワークオーディオ2機種--ストリーミングOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは9月28日、「MusicCast」に対応したワイヤレスストリーミングアンプ「WXA-50」(税別価格:6万9000円)とワイヤレスストリーミングプリアンプ「WXC-50」(同:5万4000円)を発表した。10月中旬に発売する。

(左から)「WXA-50」、「WXC-50」
(左から)「WXA-50」、「WXC-50」

 WXA-50/WXC-50は、ネットワークオーディオ再生やWi-Fi/Bluetoothによるワイヤレス音楽再生、ヤマハの「MusicCast」などに対応したネットワークオーディオコンポ。WXA-50は、実用最大出力115W/ch のステレオデジタルアンプ内蔵型、WXC-50は、ほかのオーディオアンプと組み合わせて使用するプリアンプ型(アンプ非内蔵)だ。

 両機種とも、PCやNASなどの音楽を、LANまたはWi-Fi経由で再生できるほか、BluetoothやAirPlayを使って、スマートフォンやタブレットの音楽のワイヤレス再生が可能。USB端子、光デジタル音声入力端子、RCAアナログ音声入力端子も装備している。

 MusicCastに対応し、「MusicCast CONTROLLER」アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットで、MusicCast対応機器と本機との音楽コンテンツの配信、共有、リンク再生も可能だ。

 ハイレゾは、DSD 5.6MHzダイレクト再生、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bit再生に対応。ネットワーク上の音楽コンテンツを再生する際、曲間の音の途切れを解消するギャップレス再生にも対応している(DSDを除く)。

 メタルボディの本体は、フロントとサイドパネルをダークシルバー、トップパネルをブラックアルマイト加工とした2トーン仕上げ。横置きと、付属スタンドを使った縦置きに対応している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加