スマホで「日清ラ王」をかざすと“美少女化”--麺をすする音もバイノーラル録音で収録

佐藤和也 (編集部)2016年09月20日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日清食品は9月20日、カップ麺「日清ラ王」のパッケージをスマートフォンで撮影すると、AR技術によって擬人化キャラが浮かび上がり、話しかけてくれるというARボイスドラマ「マジで恋する8分間」を公開した。

  • キービジュアル

 これは、新発売される日清ラ王のキャンペーンとして行われるもので、対象となるカップ麺の商品パッケージをスマートフォンで撮影すると、AR技術によって擬人化キャラが浮かび上がり、お湯を入れて待つ5分間と食べる間の3分間の合計8分間、キャラクターが話しかけたり、できあがった日清ラ王の麺をすすったりするボイスドラマが流れ、一緒に食べている気分を味わえる内容となっている。

  • 試聴方法

 ナレッジワークスのARアプリ「aug! オーグ」をスマートフォンにダウンロードし、カップ麺のパッケージをカメラで撮影すると、ARによる擬人化キャラクターが平面から浮き上がるように登場。CGモーションによる喜怒哀楽の表情をキャラに実装し、シーンやセリフにあわせた表情や動きを表現。

 声の収録には、特殊な機材で音の臨場感と立体感を再現するバイノーラル録音を採用。イヤホンやヘッドホンで聴くと、キャラクターがいるかのようなリアルなボイスが楽しめるほか、麺をすすったり、スープを飲む生音も収録している。

 キャラクターは主人公(自分自身)を慕う5人姉妹という設定で、背脂コク醤油に麺堂はつみ(声:内田真礼)、香熟コク味噌に麺堂つぐこ(声:早見沙織)、淡麗鶏だし塩に麺堂みなみ(声:洲崎綾)、濃熟とろ豚骨と魚介豚骨醤油には双子キャラとして麺堂かるてと麺堂しの(声:松田利冴、松田颯水)が登場。声もそれぞれに人気声優を起用している。

  • 麺堂はつみ

  • 麺堂つぐこ

  • 麺堂みなみ

  • 麺堂かるて

  • 麺堂しの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加