東京ゲームショウ2016

VR関連展示が花盛り、期待の新作も多数出展--TGS2016の見どころ

佐藤和也 (編集部)2016年09月16日 20時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のプレイステーションブースで注目を集めていたのは、やはりPlayStation VR(PS VR)の試遊コーナー。ビジネスデイにもかかわらず多くの人が詰めかけた。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のプレイステーションブースで注目を集めていたのは、やはりPlayStation VR(PS VR)の試遊コーナー。ビジネスデイにもかかわらず多くの人が詰めかけた。

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2016」(TGS2016)が、9月15日より幕張メッセにて開催されている。一般公開日は17日と18日となっている。

 近年はバーチャルリアリティ(VR)システムに注目が集まっており、2016年はソニー・インタラクティブエンタテインメントのPS4用VRシステム「PlayStation VR」の発売が間近に控えているのを筆頭に、「VR一色」と言っていいほどの盛り上がりを見せている。こういった背景もあってか、今回のTGS2016ではVR関連タイトルが全体で110タイトルも出展。またVR関連の展示を行なうメーカーを集めた「VRコーナー」が新設された。ビジネスデーであっても総じてVR関連の試遊は人気があり、関心の高さを改めて感じた次第だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加