「iPhone 7」を実際に触ってみた--「AirPods」の使いやすさに感動

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年09月09日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月7日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催したイベントで、複数の新製品を発表した。

 基調講演の後、筆者は新型「iPhone」の両モデル、Appleの新しい「AirPods」、新しい「Apple Watch Series 2」の実機に触れる機会を得ることができた。Appleの最新かつ最高の製品群に対する筆者の第一印象を少しばかりお届けする。

 Appleは「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のラインアップに新色を追加した。もっと正確に言えば、新たに2色を追加した。ジェットブラックは光沢仕上げで、何年も前の「iPhone 3G」を彷彿とさせる。一方、標準のブラックはマットな仕上げに近い。ジェットブラックの仕上げは指紋が付きやすいが、標準のブラックは筆者の脂ぎった指で触っても指紋が付きにくそうだった。

figure_1
提供:Jason Cipriani/ZDNet

 アンテナ線のわずかな変更を除けば、「iPhone 6s」とiPhone 7の外観上の最も顕著な違いは、カメラの出っ張りである。iPhone 6sに比べると、iPhone 7のカメラは若干大きく、より丸みを帯びている。iPhone 7 Plusには2つのレンズが搭載されており、その横にAppleの「True Toneフラッシュ」が配置されている。

 iPhone 7 Plusの新しい被写界深度エフェクトは試すことができなかったので、筆者はAppleが選んだデモ写真を見てみた。当然、それらの写真は驚くほどの美しさだった。これと同品質の写真を自分で撮影できたら、筆者は大いに満足するだろう。残念ながら、この新しいカメラ機能を実現するソフトウェアはまだ完成していない。Appleは2016年中にアップデートをリリースする予定だ。

 筆者が新しいiPhoneにアップグレードした場合、慣れるのに一番苦労すると思われるのが、新しいホームボタンだ。Appleは信頼の置ける機械的なホームボタンを廃止して、「Force Touch」技術を採用した。つまり、これまでと違って、ホームボタンは動かないということだ。「3D Touch」はユーザーが画面を押す強さを検知するが、新しいホームボタンの仕組みもそれと同じである。ボタンが十分な強さで押されると、「Taptic Engine」によってフィードバックが返される。

 筆者は最初、ホームボタンを押す代わりにタップして、ホーム画面に移動しようとしてしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加