logo

「音楽に強いau」を取り戻す--KDDI、音楽フェス生配信の舞台裏

藤井涼 (編集部)2016年08月31日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月26日、auの動画配信サービス「ビデオパス」において、人気アーティストのライブやイベント映像などを生配信するサービスを開始した。第1弾として、8月26~28日の3日間に山梨県・山中湖で開催された野外音楽イベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」(SLS)の模様をライブ配信した。

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」
「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」

 今回の音楽ライブ配信では、3つあるステージの中の1つである「FOREST STAGE」に出演したアーティスト全14組のライブを生配信した。特徴は、au以外の携帯キャリアでも、スマートフォンやタブレットにビデオパスアプリをダウンロードすることで、会員登録不要、かつ無料で視聴できる“キャリアフリー”にしたことだ。

 これにより、都合がつかず音楽ライブやイベント会場に行けないユーザーや、音楽フェスで複数のステージを行き来できないユーザーなど、幅広い音楽ファンが、手元のスマートフォンで気軽にライブ映像を楽しめるようになった。

「ビデオパス」アプリをダウンロードしたスマートデバイスで視聴可能
「ビデオパス」アプリをダウンロードしたスマートデバイスで視聴可能

 同社では過去に、国際的なスポーツ大会や、映画館でのライブビューイングなどでライブ配信の実績があり、今回のビデオパスでの生配信にも、これまでのノウハウが生かされているとのこと。たとえば、電波状況が悪い場所では、視聴に差し支えない画質に自動的に最適化する技術などを取り入れているそうだ。

 また、KDDIは来場者数やカバーエリア、想定トラフィックなどに応じて、屋外イベントに車載型基地局を配備している。2016年は前年の2倍となる100件以上のイベントに出動する予定だという。SLSでは2台の車載型基地局を設置。開催の2日前から回線の設定や、機器調整をすることで、大勢の来場者で混雑する会場でも快適に通信できるようにした。

SLSに配備された車載型基地局
SLSに配備された車載型基地局

 なお、今回の生配信は主催のスペースシャワーネットワークと共同で実施したこともあり、カメラでの撮影や映像の制作については、スペースシャワーネットワーク側に任せているという。ただし、音楽ライブの伝送はKDDIにとって初めて。短期間での設備設計やVPN(仮想プライベートネットワーク)の構築などには苦労したと担当者は明かす。

筆者が視聴した限りでは、大きな遅延や映像の乱れは起きなかった
筆者が視聴した限りでは、大きな遅延や映像の乱れは起きなかった

 筆者が参加した初日の8月26日に配信されたのは、「PIGGY BANKS」「水曜日のカンパネラ」「キュウソネコカミ」「Mrs. GREEN APPLE」「夜の本気ダンス」の5組のライブ映像。

 実際にau版のiPhone 6sを使って会場で何度か視聴してみたが、筆者の環境では特に大きな遅延が発生したり、映像が乱れたりするといったことはなかった。今後もアーティストの理解が進み、生配信できるステージが増えれば、より来場者やファンの満足度は高まりそうだ。

-PR-企画特集