logo

Spotify、「Apple Music」に楽曲を独占提供するアーティストを冷遇か

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月29日 09時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Spotifyが、最大の競合サービス「Apple Music」に楽曲を独占提供する一部のアーティストにペナルティを科しているという。Bloombergが報じた。BloombergはSpotifyの戦略を知る複数の匿名情報筋の話として、Spotifyの検索結果で、Apple Musicに最初に楽曲を提供するアーティストの曲が見つけにくくなっていると報じている。さらにSpotifyは、Appleが独占配信した楽曲は、Spotifyでのストリーミングが開始されても、Spotifyの特集プレイリストに含めないとアーティストらに警告したという。

 Spotifyの広報担当者は、検索結果を隠しているという主張は「明らかに誤り」だと述べた。プレイリストの選曲方法についてはコメントしなかった。

 著名な楽曲の独占配信は、小規模な音楽ストリーミングサービスが登録ユーザー数でリードするSpotifyと互角に競争するための手段となっている。Apple Musicとは異なり、Spotifyは広告収入型の無料サービスが3900万人の有料会員を確保するための足掛かりとなっている。2016年6月時点でユーザー数が1500万人のApple Musicは、価格の面で優勢なSpotifyに対抗するために、Frank Oceanの新作アルバム「Blonde」を2週間前に独占配信した。ラッパーのJay Zが多数の大物アーティストとともに所有する、より小規模な競合サービスTidalは、独占配信を主なセールスポイントとしている。


提供:Taylor Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集