東芝、「FlashAir」にEyefi Connected機能を搭載へ--Eyefiクラウドにも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は8月23日、無線LAN搭載SDメモリカードに、米国アイファイが開発した「Eyefi Connected」機能を搭載すると発表した。これは、アイファイと締結した技術ライセンス契約に基づくもので、16年度中に「Eyefi Connected」機能を搭載した「FlashAir」の製品化を予定している。

 Eyefi Connectedは、カメラからSDメモリカードを制御するカメラ連携機能だ。キヤノンやニコン、ソニーなどの10社以上300機種以上のデジタルカメラに対応している。SDメモリカードに搭載された無線機能のオン/オフをカメラ側で設定できるほか、無線通信と連動したカメラの電源制御が可能で、データ転送中の電源停止を防ぐことができる。


 また、8月下旬にはiOS、Android、OS X、Windows端末向けアプリ「Eyefi Mobi」が更新され、Class10対応のFlashAirと同アプリをインストールした端末との通信が可能になり、写真の自動転送や「Eyefiクラウド」サービスへの自動バックアップなどの機能が利用できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加