logo

アップル、「macOS Sierra」の最新ベータをリリース

ZDNet Japan Staff2016年08月23日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間8月22日、2016年秋に正式版をリリース予定の次期Mac用OS「macOS Sierra」の最新のベータ版を公開した。開発者向けのbeta 7、一般ユーザーが試用できるパブリックベータ 6が、それぞれダウンロードできる。

 macOS Sierra(OS X v10.12)はAppleが開発するMac向けのOSで、同社が6月に開催した自社イベント「2016 Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表された。iOSで提供済みの音声によるパーソナルアシスタント機能「Siri」が導入されるほか、「Apple Watch」と連動してスリープ状態から素早くMacのロックを解除できる「Auto Unlock」(自動ロック解除)、Appleの端末をまたいでテキストのコピーとペーストができる「Universal Clipboard」などが主要な特徴となっている。このほか、写真管理「Photos」、メッセージ「Messages」、ブラウザ「Safari」など各種アプリケーションやインターフェイスなども強化される。

 AppleはWWDCで開発者向けベータを、7月にパブリックベータを公開した。以来更新を続けており、1週間前にそれぞれのベータ版を更新したばかりだった。

 開発者向けのbeta 7、一般ユーザー向けのパブリックベータ 6はMac App Storeより入手できる。開発者は、developer.apple.comからもダウンロード可能だ。一般ユーザーがベータ版を利用するには、「Apple Beta Software Program」に登録が必要だ。

-PR-企画特集