エアバス、空飛ぶ自動操縦タクシーのテスト飛行を2017年に計画--渋滞緩和目指す

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月22日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Airbusが自動操縦の空飛ぶタクシーを開発しているという。同社が公式ウェブサイトで明らかにしたもので、乗客はスマートフォンからこの空飛ぶタクシーの手配が可能になるという。2017年末までに、初の試作機によるテスト飛行を実施する見込みだとしている。

 Airbusの幹部でこのプロジェクトを担当するRodin Lyasoff氏は、「Future of urban mobility: My kind of flyover」と題する記事で、「バッテリ、モーター、アビオニクスなど必要なテクノロジの多くが実現に近づいている」と述べた

 このプロジェクトが掲げる主な目標は、世界の都市部における人口の増大に伴い予想される交通渋滞を緩和することだ。とはいえ、現在テスト段階にある自動運転車と同様、自動飛行タクシー導入の妨げとなる大きな障害の1つが、建物への衝突を回避できるようにする信頼性の高い検知、回避技術の欠如だ。

 Lyasoff氏は、「それは、われわれができるだけ早い解決を目指している、より大きな課題の1つだ」と述べている。

エアバス、自動操縦の空飛ぶタクシーのテスト飛行を2017年に計画
提供:Airbus

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加