logo

マイクロソフト、「Edge」ブラウザの利用に報酬--米国で

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月22日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 10」ユーザーの4分の3近くは同OSの標準ブラウザ「Microsoft Edge」を使用していない。そこで、Microsoftはユーザーに報酬を提供して、Edgeに乗り換えてもらうプログラムを開始した。

 米国時間8月17日に発表された「Microsoft Rewards」は、検索エンジン「Bing」を使用するユーザーにポイントを付与していた「Bing Rewards」の名称を変更したものだ。この新プログラムは、現在のところ米国のみで提供されており、EdgeとBingを使用するユーザーやMicrosoftストアで買い物をしたユーザーにポイントを付与する。

 ポイントはAmazonやStarbucks、Skype、「Outlook.com」の広告なしバージョンで、クーポンやクレジットと交換することができる。

 ただし、MicrosoftのBingをデフォルトの検索エンジンに設定しておく必要がある。

 MicrosoftはEdgeを2015年5月に発表し、競合ブラウザより高速でバッテリ消費が少なく、全体的に優れていると宣伝した。だが現在の世界市場シェアは5%程度に留まっている。


「Windows 10」ユーザーの4分の3近くは新OSの標準ブラウザ「Microsoft Edge」を使用していない。
提供:CNET

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集