logo

マランツ、フルサイズ機と肩を並べる音と性能--幅304mmのCDプレーヤー

加納恵 (編集部)2016年08月19日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドからCDプレーヤー「HD-CD1」を発表した。コンパクトサイズのオーディオ「music link」シリーズとして販売する。発売は9月上旬。税別価格は6万円になる。


HD-CD1にHD-AMP1とスピーカ「Zensor1」の組み合わせをスタンダードシステム(システム税別価格:24万3800円)として訴求していく
  • 「HD-CD1」

  • リアパネル

  • リモコン

 music linkは、マランツが2014年から販売しているオーディオシリーズ。横幅を304mmに抑えたコンパクトサイズながら、440mmのフルサイズコンポに劣らない高音質設計が特長だ。

 2014年にヘッドホンアンプの「HD-DAC1」、2015年にプリメインアンプ「HD-AMP1」を発売しており、CD1は3モデル目。ラインアップもそろい、シリーズ展開していく。

 プレーヤー部に加え、ハイスルーレートオペアンプとHDAM-SA2型のディスクリート高速電流バッファーアンプを組み合わせたヘッドホンアンプを搭載。3段階のゲイン切り替え機能も備え、接続するヘッドホンのインピーダンスに合わせて、最適なゲイン設定にすることが可能だ。

 DACには、マランツ製のSACDプレーヤーやネットオーディオプレーヤーにも採用している、シーラスロジック製の「CS4398」を採用。DAC以降のアナログ部分はフルディスクリート回路を採用し、フルサイズコンポ同様のサウンドクオリティを追求したという。

 アナログ、同軸デジタル、光デジタル、ヘッドホン出力端子を1系統ずつ装備し、アナログ出力はLRを余裕のある間隔で配置した独立タイプ。金メッキ加工も施す。

 マランツではHD-CD1の発売を記念して、10月31日までにHD-CD1、HD-AMP1の購入者を対象に、Audio quest製のケーブルプレゼントキャンペーンを実施する。ケーブルは「Golden Gate 1.5M」(税別価格:7333円)、「Digital Coax Cinnamon」(同:9900円)、「USB Cinnamon 2 2.5M」(同:8600円)から1つを選択可能だ。


マランツの試聴ルーム
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集