logo

セックス、酒、スイーツよりスマホを優先させる人の多い米国--3割が性交を我慢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国では、セックス、アルコール、スイーツなどとスマートフォンを比べた場合、スマートフォンを優先させる人が相当数いるようだ。モバイルアプリ開発を手がけるDelvvが米国市民のスマートフォンに対する意識調査「Digital Habits Survey 2016」を実施したところ、スマートフォンよりもセックスを諦める人が3割弱、酒を諦める人が7割強いたという。

 スマートフォンを通話とSMSにしか使えず、3カ月間メール、アプリ、ウェブ閲覧ができないとしたら、回答者の29%が同じ期間セックスをしない方を選ぶと答えた。男女別で見ると、セックスを諦める女性の割合は35%で、男性の21%より高かった。

 1カ月の禁酒と1週間の禁スマートフォンを比べた場合、74%がアルコールを諦めてスマートフォンを選んだ。年代別でアルコールを我慢する人の割合は、18歳から29歳が84%なのに対し、ベビーブーム層(60歳以上)が74%、ジェネレーションX層(30歳から59歳)が71%。

 1カ月の禁スイーツと1週間の禁スマートフォンではどうだろう。甘い物好きのイメージがある米国人だが、結果はほぼ二分され、49%がスイーツを、51%がスマートフォンを我慢すると答えた。

 ソーシャルネットワークに対する欲求は、意外と強くない。1日だけソーシャルネットワークか食事のどちらを諦めるか尋ねたところ、86%が断食を避け、ソーシャルネットワークのアクセスを我慢すると回答した。

 調査は、ウェブアンケートツールSurveyMonkeyを利用し、18歳以上の米国人355人から回答を得た。

-PR-企画特集