KDDI、神戸市の中小企業のアジア展開を支援--現地の専門家がアドバイス

藤井涼 (編集部)2016年08月09日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神戸市とKDDIおよびKDDI まとめてオフィス関西は8月9日、神戸市内の中小企業の海外展開を支援するために、連携協定を締結したことを発表した。

 KDDIの海外拠点と神戸市海外ビジネスセンターや、KDDI まとめてオフィス関西ソリューション神戸支店をテレビ会議でつなぎ、海外在住の専門家による中小企業へのアドバイスや、KDDIの海外ビジネスのノウハウを活用したセミナーを市内で開催するという。

 連携する予定の拠点は、ベトナム(ハノイ、ホーチミン)、タイ、シンガポール、インドネシア、ミャンマー、マレーシア、フィリピン、インド、カンボジアの9カ国10箇所で、今後も随時拡大する予定だという。

 第1回となるセミナーは、9月14日にKDDIソリューション神戸支店で開催する。ASEANの最新情報を現地の映像で学ぶほか、ベトナムで活躍する弁護士と公認会計士を招いて、ベトナムビジネスの法務、税務、会計のポイントを学ぶ「ベトナム・ASEANビジネスセミナー」を開催するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加