logo

HTC、VRコンテンツストア「Viveport」を今秋公開へ

Samantha Rhodes (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年08月08日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Vive」の製造元であるHTCは米国時間8月5日、仮想現実(VR)関連のあらゆるものを扱うオンラインストア「Viveport」を発表した。

 HTCによると、「近いうちに」Viveportのベータ版が開発者テスト用に公開される見通しで、正式版の一般ユーザーへの提供は2016年秋になる予定だという。同ストアが一般公開されると、ユーザーはコンテンツの作成や購入のほか、サブスクリプションサービスへの登録もできるようになる。HTCはViveヘッドセットもアップデートし、VR映画の視聴機能やホーム画面のカスタマイズ機能を追加する。

 HTCのVR担当シニアバイスプレジデントを務めるRikard Steiber氏は、「一部の教育コンテンツクリエーターにとって、アプリストアで存在感を高め、宣伝してもらうのは難しかった。なぜなら、アプリストアは概ねゲームに占められているからだ。われわれはVRをもっとマスマーケット向けにしたいと考えている」と述べた。

 同氏によると、新しいViveportアプリストアは既存の「Steam」ストアを置き換えるものではなく、同ストアと並ぶものになるという。


提供:Vive

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集