logo

アイロボットが描く5年先の未来--「ロボットとスマートホーム」 - (page 2)

坂本純子 (編集部)2016年08月08日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートホームが進まない理由

ルンバ本体に搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサなどの多彩なセンサにより、ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断できる
ルンバ本体に搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサなどの多彩なセンサにより、ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断できる

 iRobotは、コンシューマー向けのIoTは予想ほどのペースで実現できていないと分析する。コネクトデバイスの所有者のうち83%が使用に困難を感じているからだという。

 たとえば、スマートフォンでコントロールできる照明も、20秒、30秒とかかるなら、1秒で壁のスイッチを押す方が早い。またそれぞれの機器と連携しにくい現状もある。

 アングル氏は、“第3世代のスマートホーム”のビジョンとして、普段通りの生活を送るだけでスマートホームが適切に対応することが重要だとした。

コネクトデバイスの所有者のうち、83%が使用に困難を感じている
コネクトデバイスの所有者のうち、83%が使用に困難を感じている

 すでに掃除ロボットに搭載する「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」で部屋の広さや形状を正確に把握可能だ。ルンバ本体に搭載されたカメラとフロアトラッキングセンサなどの多彩なセンサにより、ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ清掃されていないのかを高精度に判断できる。

 さらに新しいIoT製品に変えたとき、導入したときもロボットが自動的に構成を把握してくれること。メンテナンスも実施して、住む人の好みに対応できる世界を目指す。

 他社とはどのように理想的なスマートホームを実現するのか。「iRobotの製品だけでなく他社製品もつなげていきたいが、どのようにつなげていくかは解決していない。オープンスタンダードは重要になる」とコメントした。

IoT製品の構成なども自動で管理できる未来を目指す
IoT製品の構成なども自動で管理できる未来を目指す
「iRobot Home」アプリ
「iRobot Home」アプリ

 スマートホームの実現に向けた第一歩ともいえるアプリが「iRobot Home」だ。今回発表した3つのうち2つの製品がiRobot Homeに対応する。

 例えばブラーバ ジェット 240では、アプリからスイッチをオンにできるだけでなく、小さなエリアを集中的に拭き掃除する「スポットモード」を指示したり、本体のソフトウェアをアップデートしたりできる。

 ルンバ 960では、ルンバを遠隔で操作できるため、隣の部屋にいるときや外出先からも清掃を指示可能だ。また、予約のスケジュール設定やルンバがいつどのくらいの時間を掃除したのかもチェックできる。

掃除ロボット「ルンバ」やぞうきんがけロボットの新モデル「ブラーバ ジェット 240」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]