5秒動画を中心にチャットを楽しむアプリ「Sunnychat」--nanapiの古川氏が立ち上げ

藤井涼 (編集部)2016年08月01日 15時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIグループのSupershipは8月1日、動画を中心に友人や家族とチャットを楽しめるコミュニケーションアプリ「Sunnychat」(iOS/Android)を公開した。価格は無料。

 ユーザーはアプリを立ち上げて最大5秒程度の動画を撮影。アプリ内で共有したい友人や家族を選び、メンバー同士でその動画をきっかけにチャットやスタンプを送りあえる。友人はFacebookやTwitter、電話帳やQRコードなど幅広い方法で追加できるという。

「Sunnychat」のイメージ
「Sunnychat」のイメージ

 このアプリを手がけたのは、生活情報サイト「nanapi(ナナピ)」などを運営する元nanapi代表取締役の古川健介氏。現在は、2015年9月にスケールアウト、ビットセラー、nanapiの3社が合併して生まれたSupershipの取締役を務めている。

 古川氏は、Twitterなど言語を中心とした「インターネットのコミュニケーションはギスギスしやすい」と指摘。ネガティブなことは「言語」が向いており、愛情や優しさなどポジティブなことには「非言語」が向いていることを理由として挙げ、Sunny chatによって世の中にポジティブなコミュニケーションを増やしていきたいと語る。

Supership取締役の古川健介氏(左)と同社代表取締役社長の森岡康一氏(右)
Supership取締役の古川健介氏(左)と同社代表取締役社長の森岡康一氏(右)

 また、当初は動画をきっかけにしたコミュニケーションの促進を目指すが、将来的には「SNOW」などの動画加工アプリのようにフィルタ機能を提供したり、ARを組み合わせた表現なども可能にしていきたいという。当面はユーザーの獲得を優先するため、早期のマネタイズは考えていないという。KDDIとの連携についても現時点では予定していないとした。

 ところで、これまではスマホ時代の新ポータル構想「Syn.(シンドット)」を掲げ、広告事業を中心に展開してきた同社が、なぜコミュニケーションアプリを手がけたのか。その理由についてSupership代表取締役社長の森岡康一氏は、同社のビジョンは「すべてが相互につながる、より良い世界を実現する」ことであり、新サービスもその一環であると説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加