スマホでデザインしたアクセサリを手軽に販売--新しいものづくりを実現する「monomy」

山川晶之 (編集部) 飯塚 直2016年07月29日 20時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FUN UPは7月29日、ものづくりマーケット「monomy(モノミー)」に、作品を販売すると売り上げの10%を収益化する仕組みを導入し、本格的にサービスの提供を開始すると発表した。


「monomy」

 monomyは、スマートフォン上でアクセサリのパーツを組み合わせ、ユーザー自身でデザイン・販売できるサービス。オリジナルのデザインを簡単に作成できるうえ、組み合わせたデザインを実際に販売可能。ユーザー自身のブランドとして売れたアクセサリの10%を収益として受け取ることができる。

 素材パーツは3000種類以上あり、スワロフスキーや天然石、チャームなどを用意。パーツの品質にもこだわっており、国産品も多く取りそろえるという。アクセサリは、注文を受けてから同社の職人が一つずつ製作するため、在庫リスクの心配が無い。決済、配送、アフターケアなども担当する。

 同社では今後、monomyのプラットフォームをアクセサリ以外にも広げるとしており、消費者と商品工場、職人をつなぐ、新しいものづくりのプラットフォームとして展開する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加