logo
Indiegogo

忠犬のように持ち主を追いかける自走式スーツケース「COWAROBOT R1」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 荷物が多くなりがちな海外旅行の場合、移動の楽なキャスター付きスーツケース(トロリーバッグ)をよく使う。重い荷物を軽々運べる点は便利なのだが、常に片手がふさがってしまい、観光地でカメラを使ったりしにくい。

 そこで、自走して持ち主を追いかるスマートなキャリーバッグ「COWAROBOT R1」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

持ち主の後を自走して追いかるスマートなキャリーバッグ(出典:Indiegogo)
持ち主の後を自走して追いかるスマートなキャリーバッグ(出典:Indiegogo)

 COWAROBOT R1は、付属のブレスレットと通信し、持ち主を追いかけるように自走するバッグ。サイズが380×550×200mm、重さが4.8kgなので、手荷物として航空機の機内に持ち込める。

 持ち主が手を添えなくても、自動的についてくる。移動するようすは、よくしつけられた犬のようだ。ただし、手でハンドルに触れると、普通のキャリーバッグと同じく転がせる。

移動するようすは、よくしつけられた犬のよう(出典:Indiegogo)
移動するようすは、よくしつけられた犬のよう(出典:Indiegogo)

 移動速度は最高で時速7.2km出るので、かなり速く歩いてもついてくる。最大15度の坂道も登れる。周囲のようすを認識するカメラも搭載しており、障害物があっても自動的によけながら移動する。

坂道も登れる(出典:Indiegogo)
坂道も登れる(出典:Indiegogo)
障害物を自動的に回避(左上から時計回り、出典:Indiegogo)
障害物を自動的に回避(左上から時計回り、出典:Indiegogo)

 さらに、少し離れたところにCOWAROBOT R1を置いていても、ブレスレットをダブルタップすると呼び寄せられる。その際も、障害物を避けて自走してくる。このブレスレットは、COWAROBOT R1の鍵としても機能する。ブレスレットをCOWAROBOT R1のロック部分に近づけると解錠できるため、鍵穴に鍵を差し込むわずらわしさがない。

ブレスレットでロックを解除(出典:Indiegogo)
ブレスレットでロックを解除(出典:Indiegogo)

 そのほかにも、紛失を回避するGPS位置検出機能、4つあるUSBポートからの充電機能も備えている。

GPSで紛失防止(出典:Indiegogo)
GPSで紛失防止(出典:Indiegogo)
スマホやタブレットを充電(出典:Indiegogo)
スマホやタブレットを充電(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は10万ドル。記事執筆時点(日本時間7月28日21時)で約10万8000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと1カ月ある。


-PR-企画特集