logo

スノーデン氏、情報漏えいを防ぐ「iPhone」ケースをデザイン

David Priest (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年07月25日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Edward Snowden氏と著名ハッカーのAndrew "Bunnie" Huang氏が米国時間7月21日、MIT Media Labで新しい個人向けセキュリティデバイスのプレゼンテーションを行った。Wiredによると、このデバイスは、「『iPhone』の内部に接続して、内蔵アンテナに送信される電気信号を監視する」ケース型ガジェットだという。

 この新デバイスの狙いは、それが政府であれ、民間のハッカーであれ、何者かがユーザーのiPhoneの無線通信を傍受していないかを常時監視することだ。このデバイスは、SIMカードポートに複数のケーブルを通して(SIMカード自体はケース上の新しいスロットに移される)、iPhoneのハードウェアを監視し、ユーザーの望まない通信の兆候がないかを確かめる。「機内モード」のような機能でも、スマートフォンが信号を発信するのを止めることはできるが、Snowden氏によると、そうした機能はハードウェアの監視に比べると、はるかに信頼度が低いという。

 Snowden氏とHuang氏はまだプロトタイプを作成していないが、21日のプレゼンテーションで、詳細なデザインを披露した。製品が実際にユーザーに提供される時期は、現時点では不明だ。


Edward Snowden氏
提供:Barton Gellman, Getty Images

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集