logo

「iOS 9.3.3」「OS X 10.11.6」以外の旧版にiMessage悪用につながる脆弱性

Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年07月22日 09時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ForbesQuartzの報道によると、最新版以外のほぼずべてのバージョンの「iOS」「OS X」に、iMessageを介して攻撃者に端末への不正アクセスを許してしまう脆弱性があるという。

 攻撃者は標的とする端末に.TIFファイルを送り付け、ストレージや保存されたパスワードへの完全なアクセスが得られるコードを実行することができる。脆弱性を発見したのはCiscoの研究者だ。

 これを防ぐためには、端末を最新版の「iOS 9.3.3」「OS X El Capitan 10.11.6」にアップデートするか、iMessageをオフにする必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集