高輝度、長寿命、メンテンス軽減を実現するキヤノン初のレーザー光源プロジェクタ

加納恵 (編集部)2016年07月12日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは7月12日、「パワープロジェクター」シリーズとして、DLPプロジェクタ「LX-MU800Z/MU600Z」(想定価格:192万円/152万円)を発表した。レーザー光源を使用し最高8000ルーメンの高輝度を実現する。発売は7月21日。講堂などの大規模スペースやデジタルサイネージなどへの導入を狙う。

 青色レーザーと蛍光体を組み合わせた光源システムにより、色域を拡大し、高い色再現性を得られることが特徴。光源にレーザーを採用するのはキヤノンのプロジェクタとしては初となる。


「LX-MU800Z/MU600Z」

 レーザー光源を使用しているため、寿命が約2万時間と長く、交換の手間が省けるほか、光学部品を密閉構造にすることでエアフィルタも不要。メンテナンスの負荷を軽減することで、天井など高所への長期間設置や長時間投写をサポートする。

 解像度は1920×1200ピクセルのWUXGAで、MU800Zは8000ルーメン、MU600Zは6800ルーメンの高輝度投写を実現。入力信号に合わせて自動で光源の出力量を調整する「ダイナミックブラック」機能を搭載し、黒が際立つ投写ができる。

 HDBaseT規格に対応し、1本のLANケーブルで最長100mの長距離伝送を実現。このほか、ミニD-sub15、5BNC、DVI-D、HDMI、BNC入力端子を備える。

 上下方向360度どの角度でも設置ができ、天井や床などへの投写も実現。ランプ光源では難しいプロジェクタの縦置き設置にも対応するため、縦長映像を投写する「ポートレート投写」機能も備える。

 両機種ともに高さ216mm×幅500mm×奥行き594mmで、重量約28kg。40~500インチまでの投写に対応する。短焦点固定、超短焦点ズーム、短焦点ズーム、標準ズーム、望遠ズーム、超望遠ズーム、超長望遠ズームなど7種類の交換レンズをラインアップする。

  • 7種類のオプションレンズを用意する

  • ミニD-sub15、HDMI、DVI-D端子などを装備する

  • 奥行きは594mmで、重量約28kg。天吊り設置にも対応する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加