「App-V」が「Windows 10」次期大型アップデートに搭載へ--MSが公式発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎2016年07月06日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのパートナー企業であるFlexeraは2月に行ったウェビナーで、アプリケーション仮想化クライアント「App-V」がWindows 10に搭載される予定だと述べていた。そして米国時間7月5日、Microsoftは「Windows 10 Enterprise」および「Windows 10 Education」のユーザーはApp-Vと「UE-V」(User Environment Virtualization)の機能を自動的に利用できるようになると公式に発表した。個別にダウンロードして導入する必要はない。

 Microsoftのブログ記事には、次のようにある。

 「間もなくリリースされるWindows 10 Anniversary Updateでは、『Microsoft Desktop Optimization Pack』(MDOP)で人気の高い2つのコンポーネントである、Application Virtualization(App-V)とUser Environment Virtualization(UE-V)を、EnterpriseエディションとEducationエディションに搭載して、個別にダウンロードして導入する必要をなくすこととした。これらは、Windows Server 2016 Datacenterにも搭載される」

 ただし、Windows Proユーザーは注意が必要だ。このブログ記事には、次のように書かれている。

 「現在組織内で、Windows 10 Professionalまたそれ以前のバージョンでApp-VまたはUE-Vを使用しており、Windows 10 Anniversary Updateにアップグレードする予定である場合、それらのデバイスでApp-VおよびUE-Vを使用するには、Enterpriseエディションを導入する必要がある」

 その他のMDOPコンポーネントは、今後も「MDOP 2015」のインストールメディアで提供される。しかし、App-VとUE-Vに対するアップデートは、Windows 10 Anniversary Update以降にしか提供されなくなる。つまり、Windows 10 EnterpriseまたはEducationを使っていないユーザーは、今後App-VおよびUE-Vのアップデートを受けられなくなるということだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加