logo

BMW、インテルと提携--2021年までの自動運転車発売を目指す

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年07月04日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWが自動運転車の2021年までの発売を目指して、Intel、カメラとセンサを手がけるイスラエル企業Mobileyeとの提携を発表した。

 3社はBMWの「iNEXT」モデルの開発で協力する予定だ。BMWによると、iNEXTは同社の自律走行戦略の土台となるモデルで、「自動化されたライドシェアリングという目的のために、幹線道路だけでなく都市環境でも完全な自律走行が可能な自動車群の基礎を固める」役目を果たすという。

 自動運転車の市場への投入の迅速化を支援する標準ベースのプラットフォームに関して、業界の足並みを揃えたい、と3社は述べている。ちなみに、期限が2021年までと定められているiNEXTは、具体的な生産日が決まっている唯一の自律走行車プロジェクトである。

 その野心的な期限に間に合わせるため、3社は一連の成果目標と期限を定めて、同プロジェクトを円滑に進めたい考えだ。短期的には、3社はiNEXTのプロトタイプを使った試運転のデモを行う予定だ。2017年までに、同プラットフォームは自動車群へと拡大され、より多くの自律走行テストが実施される見通しである。

 Mobileyeが提供するのは、センサ情報を処理するSoC技術、ビジュアルアナリティクス、そして、iNEXTがさまざまな道路や地形を走行できるように支援する一連のアルゴリズムだ。Mobileyeは過去にGeneral MotorsやVolkswagen AG、日産自動車、Tesla Motors Inc.のほか、BMWとも協業した実績がある。

 Intelは車載コンピューティング、クラウド、機械学習技術、高帯域で低レイテンシの接続システム、メモリおよびFPGA技術、ヒューマンマシンインターフェース、安全およびセキュリティ技術を提供する。

BMW iNEXT
BMW iNEXT
提供:BMW

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集