PlayStation VR体験記--シネマティックモードや「FFXV」「バットマン」「Rez」を体感 - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2016年07月06日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

襲いかかるベヒーモスが大迫力の「ファイナルファンタジーXV VR EXPERIENCE」

 PS VRに対応したゲームコンテンツで、米国で行われたゲームイベント「E3 2016」のカンファレンスで発表されたコンテンツも用意されていた。そのなかのひとつである「ファイナルファンタジーXV」(FFXV)のPS VR対応コンテンツ「ファイナルファンタジーXV VR EXPERIENCE」。本編は9月30日に発売予定で、このVR EXPERIENCEはFFXV発売後にダウンロードコンテンツとして配信予定となっている。

 「ファイナルファンタジーXV VR EXPERIENCE」スクリーンショット
「ファイナルファンタジーXV VR EXPERIENCE」スクリーンショット
(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

 プレーヤーがゲームに登場するプロンプトとなり、主人公であるノクティスをはじめとした仲間たちとともに、巨大モンスターのベヒーモスとのバトルに挑む内容。PlayStation Move モーションコントローラを通じて、手にしている銃を撃ちまくる。またベヒーモスが爪や尻尾で攻撃してくるところをワープによる瞬間移動で回避する。

  • VR空間内でベヒーモスと戦っている様子

 プロンプトの一人称視点となっており、VR空間内のベヒーモスの姿は見上げるほどの大きさで迫力がある。さらに突進したりなぎ払うように攻撃してくる姿を初めて見たときには、一瞬でも身をすくませてしまうほど。その攻撃をかわすようにワープするのだが、目の前の景色がパッと変わる光景も新鮮に感じられた。少しずつ慣れてくると、ベヒーモスの攻撃を受ける直前にワープできるようになり、テクニックが上がったことに対して自己満足にも浸れる。

 攻撃を続けていくとベヒーモスが転倒して大ダメージを与えられる状態になる。基本的には適度にワープを行い、ひたすら銃を撃ちまくれば勝利できるようになっている。ゲームとしては比較的シンプルなものではあるが、巨大モンスターに遭遇したときの迫力や緊張感、そして倒した時の達成感が存分に味わえる内容と感じた。

 ちなみにベヒーモスを倒すと、場面が変わって女性キャラクターのシドニーが運転する車の助手席に座っているというシーンに移る。流れる景色とともに“女性とのドライブ”も体験することもでき、それも心躍る体験だったということを付け加えておきたい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]