「Amazon Video」、ダウンストリームアプリとして北米3位に--トラフィック別調査

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月23日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonの動画サービスの利用がこの1年間で急激に拡大し、北米におけるトラフィックで、NetflixとYouTubeに続く第3位に一気に上昇した。

 ネットワーク機器メーカーのSandvineが米国時間6月22日に発表した「Global Internet Phenomena Report」によると、北米で最も多くの人がテレビを視聴する夜の時間帯に、「Amazon Video」がダウンストリームインターネットトラフィックに占める割合は4.3%だったという。同社はこの調査報告書を年に2回発表している。

 とはいえ、トラフィック占有率35.2%のNetflix、同17.5%のYouTubeとの差はまだ大きい。しかし、1年前に8位だったことを考えると、Amazon Videoは大躍進している。

 Amazon Video(「Amazon Prime」契約者は無料で視聴可能)は、NetflixやYouTubeのオリジナルコンテンツ戦略を模倣して、「Transparent」のような批評家受けする作品をリリースしている。さらに、HBOオリジナル番組の配信契約といった、Netflixがまとめられなかった注目の独占契約をも結んでいる。Amazonは4月、初めてAmazon Videoを独立したサブスクリプションサービスとして月額8.99ドルで提供開始し、Netflixに真っ向から対抗した。

 最新の調査報告書でNetflixのトラフィック占有率は6カ月前の37.1%から若干縮小し、首位の地位が揺らいだように思えるが、Sandvineによると、占有率の縮小は、Netflixが動画圧縮を改善したことが原因である可能性が高いという。

Amazonのオリジナルシリーズ「The Man in the High Castle」
Amazonのオリジナルシリーズ「The Man in the High Castle」
提供:Amazon

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加