logo

消費者庁、「Windows 10」への自動アップグレードで注意喚起--キャンセル方法も公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 消費者庁は6月22日、マイクロソフトの最新OS「Windows 10」について、無償アップデートにおける「確認・留意が必要な事項」を発表した。Windows 10のアップデートに関して想定される事象や留意事項を挙げている。

 マイクロソフトは、パフォーマンス向上やセキュリティ機能の強化を理由に、Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードを推奨している。

 ただし、現在のアップデートスキームは、実施予定日をあらかじめポップアップで通知した上で、ユーザーが日程の変更やキャンセルしない限り、予定日に自動的にアップデートが開始する仕様になっている。

ポップアップ通知のイメージ(1)
ポップアップ通知のイメージ(1)
ポップアップ通知のイメージ(2)
ポップアップ通知のイメージ(2)

 消費者庁では、アップデート時に「電源を切ったことでPCが起動しなくなる」ほか、アップデートにより「ソフトウェアや周辺機器が対応していないため使えない」「PCが古いため正常に動作しないなどの不具合が生じた」とした現象に遭遇する恐れがあるとしている。

 そのほか、アップデート中はPCが利用できないこと、アップデートの予約変更、予約キャンセルの手順、Windows 10から元のOSに復元できることなどを記している。

-PR-企画特集