logo

フォステクス、デジタルアンプを内蔵した新アクティブスピーカ

加納恵 (編集部)2016年06月21日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォステクスカンパニーは6月20日、アンプを内蔵したアクティブスピーカ「PM0.4c」を発表した。発売は7月下旬。税別価格は2万3000円になる。

 PM0.4dは、アクティブスピーカの代表モデルである「PM0.4d」の後継機。リアバスレフ方式のスリム&コンパクト設計のエンクロージャに30W+30Wのデジタルアンプを搭載する。

 デジタルアンプは、片側搭載方式を採用し、ケーブルの取り回しを改善するとともに、電源、ボリュームを一括操作することを実現。背面にあるスイッチでオート・スタンバイ機能のオン、オフ切り替えも可能だ。

 本体には10cmウーファと、1.9cmソフトドームトゥイータを搭載した2ウェイ方式で、周波数特性は60Hz~20kHz。サイズは高さ220mm×幅130mm×奥行き169mmで、重量約2.4(L側は2.1)kgになる。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意。

「PM0.4c」
「PM0.4c」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集