logo

ザッカーバーグ夫妻の慈善団体、初の出資--アフリカで開発者を訓練する新興企業に

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年06月17日 10時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏とその妻Priscilla Chan氏が、アフリカでソフトウェア開発者を訓練することを目指す新興企業のAndelaに出資する(金額は非公開)。

 The Wall Street Journal(WSJ)によれば、米国時間6月16日に発表されたこの出資は、慈善団体Chan Zuckerberg Initiativeによる初の出資だという。同団体は2015年12月、推定450億ドル相当で設立された。

 Chan Zuckerberg Initiativeは、ニューヨークに拠点を置くAndelaの2400万ドルの資金調達ラウンドを主導する。このラウンドにはGV(旧称Google Ventures)も参加している。

 Chan Zuckerberg InitiativeはZuckerberg氏のFacebook株から資金を得ており、設立時には、従来の非営利財団ではなく有限責任会社という異例の組織であることが議論を巻き起こした。つまり、同団体は、非営利財団としての規則と監視に従わないことになる。

 Andelaはナイジェリアケニアで見込みのある開発者を訓練する。Zuckerberg氏はWSJへの声明で、「われわれが生きる世界は、才能は均等に分布しているがチャンスは均等ではない。Andelaの使命はその差をうめることだ」と述べている。

Zuckerberg氏とChan氏は、第一子の長女Maxちゃんが12月に生まれたことを受け、団体を設立した。
Zuckerberg氏とChan氏は、第一子の長女Maxちゃんが12月に生まれたことを受け、団体を設立した。
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集