ネットカフェ「自遊空間」でVRデバイス40台以上を常設した新店舗をオープンへ

佐藤和也 (編集部)2016年06月16日 15時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランシステムは6月16日、同社が展開する複合カフェ「自遊空間」ブランドの新店舗として、常設型VR体験店舗「スペースクリエイト自遊空間NEXT 蒲田西口店」を7月22日にオープンすると発表した。

  • (写真は自遊空間福島店でのVR機器貸出サービス)

 「自遊空間NEXT」は自遊空間の進化系となる店舗で、オートロック完備の完全個室を導入。1号店となる蒲田西口店には、新規コンテンツとして、サムスンのGearVRやHTCのViveをはじめとする複数のVRデバイス40台以上を常設。コンテンツも、現在複合カフェで展開されている「進撃の巨人」や「攻殻機動隊」の映像が楽しめるVR THEATERが用意されている。

 また企業向けとして、常設型のVR体験ゾーンとしてのプロモーション、PCでのバナー掲載や店舗内のポスター掲出、サンプリングなどの広告媒体として利用できるメニューも提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加