「iOS 10」の「Maps」アプリ、駐車場所の通知機能を追加へ

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2016年06月16日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間6月13日にAppleの開発者会議「Worldwide Developer Conference(WWDC)2016」でデモが行われ、開発者にベータ版の提供が開始された「iOS 10」には、数多くの新機能が搭載される。そうした新機能の1つに、駐車した車を探すのに役立つ「Maps」アプリの新バージョンがあると、AppleInsiderをはじめとするブログサイトが伝えている。これは、Mapsアプリ内で車の現在位置にピンを立て、ユーザーがどこに駐車したかを教えてくれるというものだ。

 ピンで示された場所を目指せば、ユーザーは迷わずに自分の車がある場所へ向かうことができる。また、ピンが立てられた後にその表示を編集して詳細情報を追加し、より正確な位置を示すことも可能だ。また、9to5Macによれば、Mapsアプリにテキストメモを追加したり、自分の車を駐車した場所の写真を撮影したりすることもできる。

 AppleInsiderによると、iOS 10では車を停めた場所が、自動的にMapsアプリが推奨する「目的地」のひとつとして示されるという。これに伴い、ロック画面には「Parked car」(車を停めた場所)というオプションがウィジェットとして表示され、その都度アプリを開かなくても、簡単に自分の車のある場所に戻れるようになるという。

現状のApple製Mapsアプリは、特定の場所を入力してピンを置けるようになっているが、巨大駐車場で車の位置が分かるようにはなっていない。
現状のApple製Mapsアプリは、特定の場所を入力してピンを置けるようになっているが、巨大駐車場で車の位置が分かるようにはなっていない。
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加