「macOS Sierra」の「Safari 10」ブラウザ、「Flash」をデフォルトで無効に

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年06月16日 08時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleがMac用次期OS「macOS Sierra」に搭載される「Safari 10」ブラウザで、「Flash」をデフォルトで無効化し、HTML5を推奨する。HTML5は、インタラクティブなコンテンツを提供するための手段としてウェブサイトでの利用が増加している。

 FlashとHTML5の両方を実装したウェブサイトでは、Safari 10はHTML5を選択するという。AppleのソフトウェアエンジニアであるRicky Mondello氏が米国時間6月14日付けのブログ投稿に記した。

 Flashしか使用できないページの場合、SafariはFlashのプラグインを有効化するオプションを表示する。ユーザーは、今回だけ一時的に有効にする(デフォルト)か、そのウェブサイトを訪問するときはいつも有効にするかを選択できる。

 Flashは長らく、ウェブブラウザでゲームを実行たり、グラフィックスを表示したり、メディアをストリーミングしたりする際の不可欠なツールとして、インターネットでは避けて通れない存在だった。しかし、セキュリティ上の不具合も多く、端末のバッテリを消耗すると指摘されてきた。

 Microsoftの「Windows 10」の「Edge」ブラウザは今後、ウェブページの中で主要でないFlashコンテンツを自動的に一時停止するようになる。Googleの「Chrome」ブラウザも、ほぼすべてのウェブサイト上でFlashを無効にする予定だ。また、Mozillaの「Firefox」は、安全性が懸念される古いバージョンのFlashをすべてブロックし、ユーザーが必要ならば手動でFlashを有効化するための「click to play(クリックして実行)」のオプションを提供している。

 Safari 10は、あたかも「Mac」にFlashがインストールさえされていないかのように動作する。このため、FlashとHTML5の両方に対応するウェブサイトは、HTML5を適用することになる。Mondello氏によると、新ポリシーは、例外なくすべてのウェブサイトに同じように適用されるという。

 打撃を受けるプラグインはFlashだけではない。Java、Silverlight、そしてApple自身のQuickTimeも、HTML5推奨の下、同様の扱いを受ける。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加