玩具業界にもVRの波、スマホ連動やNFC活用アイテムも--東京おもちゃショー2016

佐藤和也 (編集部)2016年06月11日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 メガハウスは、スマートフォン対応VRデバイス「BotsNew」の新型となる「BotsNew VR」を出展。

 メガハウスは、スマートフォン対応VRデバイス「BotsNew」の新型となる「BotsNew VR」を出展。

 一般社団法人日本玩具協会主催による「東京おもちゃショー2016」が、6月9~12日まで東京ビッグサイトにて開催されている(一般公開日は11日と12日)。国内外160社が参加し、約3万5000点のおもちゃを一同に集めた展示会となっている。

 例年、社会で話題になっている新しいものや先端技術を取り入れ商品展開を行う玩具業界。今年はVR(バーチャルリアリティ)の要素を取り入れた玩具も登場している。またNFC(近距離通信技術)を活用したものや、スマートフォンとの連動、カメラ搭載型の玩具、大人をターゲットとした癒やし効果のある玩具も多数見受けられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加