logo

「Samsung Pay」、スペインでサービス開始--欧州で初

Luke Westaway (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年06月06日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Samsung Pay」がスペインでサービスを開始し、欧州進出を果たした。

 競合サービスの「Apple Pay」や先ごろ英国でサービスを開始した「Android Pay」と同様、Samsung Payの顧客も、クレジットカードまたはデビットカードの機能を追加したスマートフォンをレジにかざすことで、非接触型決済ができるようになる。Apple PayやAndroid Payと異なり、Samsung Payは旧式の磁気ストライプ読み取り型のシステムでも利用できる。

 サムスンによると、Samsung Payに対応する欧州で最初の銀行はCaixaBankとimaginBankで、近くABANCAとBanco Sabadellでも利用できるようになるという。

 Samsung Spainでコーポレートバイスプレジデントを務めるCelestino García氏は、「スペインではスマートフォンの普及率が高く、金融分野のデジタル化も進んでいるため、Samsung Payにとって大きなチャンスだ」と述べている。

 Samsung Payは2015年9月に米国でサービスを開始した。サムスンは2月、Samsung Payの登録顧客が500万人に達したと述べるとともに、米国と韓国での普及率は「好調」だとアピールした。

 サムスンの広報担当者は声明で、「Samsung Payは2016年中に英国でサービス開始する予定だ」と述べている。

「Samsung Pay」、スペインでサービス開始

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集