logo

Twitter、幹部2人が退職の可能性

Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月27日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数の報道によると、Twitterの最高幹部2人が同社を去ることになったという。その前日には、最高経営責任者(CEO)のJack Dorsey氏が投資家に対し、同社の事業改善計画を辛抱強く見守ってほしいと頼んだばかりだった。

 RecodeThe Wall Street Journal(WSJ)によると、Twitterの事業開発を担当するJana Messerschmidt氏、メディアとコマースを担当するNathan Hubbard氏が同社を去る予定だという。

 RecodeとWSJは、業績成長を監督するAli Jafari氏が両氏の職務を引き継ぐと報じている。

 Twitterにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

 幹部2人の退職のニュースが報じられた前日の米国時間5月26日、Twitter共同創設者のDorsey氏は株主総会で、事業改善には時間がかかると述べている。

 さらに、その株主総会では、従業員の退職を防ぐ取り組みの一環として、Dorsey氏が自身の保有するTwitter株の約3分の1を従業員に譲渡する計画が株主に承認されていた。

Twitterの幹部2名が退職と報じられている。
Twitterの幹部2名が退職と報じられている。
提供:Bethany Clarke/Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集