Kickstarter

日焼け止めを目視で確認する「Sunscreenr」--紫外線の強い季節に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日焼けは夏のイメージだが、日焼けの原因となる紫外線は5月には真夏と変わらないくらい強くなっている。シミを防ぐスキンケアとしてだけでなく、やけどに近い日焼けを避けたり、将来の皮膚がんを予防するためにも、日差しを避けたり日焼け止めを使ったりして注意しよう。

 日焼け止めは皮膚がんの防止効果が高く、SPF値30のものを使えば発症率を80%下げられるそうだ。ただし、日焼け止めの塗り方は意外と難しく、カバーすべき範囲の25%から50%しか塗れていない人がほとんどだという。

 そこで、日焼け止めをきちんと塗れたかどうか目視できるポータブルデバイス「Sunscreenr」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

日焼け止めの塗り具合を目視できる(出典:Kickstarter)
日焼け止めの塗り具合を目視できる(出典:Kickstarter)

 Sunscreenrは、キーホルダーにぶら下げて持ち歩けるほど軽量コンパクトなデバイス。デジタルカメラのような仕組みで、Sunscreenrで肌を写すと日焼け止めを塗れたところと塗れていないところが確認できる。

デジタルカメラのようなデバイス(出典:Kickstarter)
デジタルカメラのようなデバイス(出典:Kickstarter)

 使い方は簡単。日焼け止めを塗った顔や肌をSunscreenr越しで見ると、塗れたところが暗く、塗れていないところが明るく表示される。目で確認して、足りないところに塗ればいい。塗った直後だけでなく、海やプールに入った後、タオルでふいた後に確認するのもよい。

のぞくと一目瞭然(出典:Kickstarter)
のぞくと一目瞭然(出典:Kickstarter)

 最長30秒のビデオ撮影機能も備えており、自分の塗り具合を確認する際に便利だ。

 海辺やプールサイド、アウトドアで使うデバイスであるため、当たり前だが防水性を備え、砂やほこりにも強い。フル充電しておけば、週末のあいだ使い続けられるとしている。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間6月25日まで。目標金額の4万5000ドルに対し、記事執筆時点(日本時間5月24日12時)で約4万3000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと31日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加