Makuake

柔らかい3Dタッチパッドで操るMIDIコントローラー「THE CELL MUSIC GEAR」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 柔軟触覚センサを内蔵したMIDIコントローラーにより、直感的な操作で繊細な音のコントロールが可能となる。そんな製品が登場した。

 サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」において、「THE CELL MUSIC GEARパッドロック」のプロジェクトが開始されている。

「THE CELL MUSIC GEARパッドロック」
「THE CELL MUSIC GEARパッドロック」

 THE CELL MUSIC GEARは、圧力を感知する柔軟触覚センサ「ショッカクポット」を4×4のグリッド状に配置して内蔵。「指でなぞる、押す、叩く、手の平で全面を押す」などのアクションを与えることで、繊細な音のコントロールができるミュージックギアだ。

圧力を感知する柔軟触覚センサー「ショッカクポット」を4×4のグリッド状に配置して内蔵
圧力を感知する柔軟触覚センサー「ショッカクポット」を4×4のグリッド状に配置して内蔵

 PCと接続し、DAW(Digital Audio Workstation)ソフトウェアと連携して利用する。USB-MIDIに対応しており、USBケーブルでPCに接続すれば、MIDIコントローラーとして使用でき、Ableton Liveなどの市販のソフトウェアと簡単に連携できる。


 パッド面が柔らかく沈み込むため、指にフィードバックが得られ、高精度の触覚センサにより繊細なコントロールが可能。

 また、16個のセンサをDAWソフトウェアのMIDIインストゥルメントにアサインして、マルチタッチで操作可能。THE CELL MUSIC GEARは、センサとセンサの間を押した場合でも入力を検知できるため、無駄なくパッド全面を活用できる。

パッド面が柔らかく沈み込む
パッド面が柔らかく沈み込む

 THE CELL MUSIC GEARには、MIDIコントローラーとして認識されるUSBポートだけでなく、シリアル通信用のポートを備え、ハードウェアの使い方をユーザーがカスタマイズできる(シリアル通信用のサンプルを配布する予定)。これにより、プログラムを書き換え、LEDの点灯パターンやセンサ出力を変更できる。今後は、外部コントロール用ソフトウェアと内部ファームウェアをオープンソース化し、ユーザー側で変更が可能になる予定。

 さらに、16ステップシーケンサ機能により、リアルタイムでの直観的なフレーズ作りが可能。本体側面部のボタンで、音色/シーケンスパターン/スケールの変更に対応した。現段階では、PC(Windows、Mac、Linux)とDAWソフトウェアを必要とするが、今後のアップデートでモバイル端末との接続も検討しているという。


リアルタイムでの直観的なフレーズ作りが可能

 Makuakeでの目標金額は80万円。記事執筆時点(5月20日14時)で22万9000円の資金を集めている。プロジェクトの残り日数は40日。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加